無濾過 純米原酒 開明 2001年

原料米 自社栽培山田錦60%
精米歩合 60%
アルコール度数 17.5%
日本酒度 +5
適温 ロック~常温

 


Vintage(ヴィンテージ)熟成酒

Vintage熟成酒とは、1999年から2017年に上槽し、定温熟成による味の変化を目的とした無濾過純米原酒です。濾過をせず瓶詰めをしておりますので、ワイン程ではありませんが時を重ねる毎に熟成によるを味の変化を楽しむことができます。『ワイングラスでおいしい日本酒アワード2021』のプレミアム純米部門で最高金賞を受賞した『無濾過純米原酒 開明 2001年』は、安政年間に建てられた本蔵での定温熟成(18度以下)により、色は琥珀色、香はカラメル様となり、シェリーのような味わいに仕上がっております。

他のVintageをご要望の場合には、ご相談ください。※各上槽年、720mlで1000本限定

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2021 プレミアム純米部門 最高金賞受賞

 

テイスティングノート

【タイプ】熟成タイプ
【外観 】透明感のある明るい黄褐色、透明な黄金飴のような色合い。 高額白ワインのように見える。
【 香り】 熟成がもたらす芳醇で旨味のある香りが複雑に絡み合っている、個性的な香り。黒蜜、キャラメルの濃密さ、伽羅(キャラ)のような品の良さ、干しシイタケのような熟成香など様々な要素が凝縮した複雑な香り。
【 味わい】 しっかりとした熟成感のある濃厚な味わい。丸み、旨味のある味わいが一気に口中に広がる。豊かな酸が、芳醇な味をうまくまとめており、余韻は長く、まろやかな甘味が最後まで感じられる。
【美味しい飲み方】お酒をよく理解している方、個性的なお酒を探している方にお勧め。ウイスキー感覚のオンザロックで酒だけを楽しむ場合は、ブランデーグラス。冷たいとコンプレックス(複雑性)な香りが出にくいので、『15℃以上』でボルドータイプのワイングラスを使用。 相性が良いのは、しょう油、ミリンで作った、タレを使った重厚な料理。ウナギのかば焼き、焼き鳥、すき焼き、ブリの照り焼き、牛筋の煮込みなど。『10℃~25℃』では、酒の表情が変わるので温度管理を要求される。重厚な旨味成分を楽しむには少し高めの15℃ 前後、25℃ 前後だと、さらに重厚感が増すが、好みが分かれる。 10℃ 前後だと、香りのトーン、味のふくらみも控えめになるが、デザートワイン的に楽しむのであればお奨めの温度。

 

 


希望小売税込価格

●内容量:750ml 7,590円[税抜:6,900円] ギフト用特別三角ボトル
●内容量:720ml 5,390円[税抜:4,900円]

●内容量:300ml 2,420円[税抜:2,200円]

2015年10月01日|酒:長期熟成酒